HOME >> 操作方法(Web設定)

ダウンロード

アプリの最新バージョンや取扱説明書のダウンロードはダウンロードコーナーで行えます。

Web設定の概要【動画】

WEB設定の設定項目について簡単にご案内しております。→ カメラの初期設定内容はこちら

Web設定の説明

詳細を確認したい項目をクリックしてください。


設定情報

ここではIPカメラの設定情報が確認出来ます。

  • モデル
  • IPカメラのモデルを表示しています。
  • カメラID
  • IPカメラの接続IDを表示しています。初期パスワードは商品に付属のID/PASSカードに記載しています。
  • 登録状況
  • カメラ設定の登録状況を表示しています。
  • ネットワークタイプ
  • ネットワークの接続タイプを表示しています。
  • 接続ユーザー数
  • カメラに接続しているユーザー数を表示しています。最大20ユーザーまで同時に接続できます。
  • 解像度
  • 単位面積当たりの画素数を表示しています。この値が高いほど、画質が滑らかになり、より自然に近い画質が得られます。
  • 画像転送速度
  • 1秒間に転送出来る画像サイズを表示しています。
  • E-mailアラーム
  • アラーム通知機能の設定状態を表示しています。
  • NAS録画
  • NASへの録画状況を表示しています。
  • SD-Card録画
  • SDカードへの録画状況を表示しています。

ネットワーク

ここではIPカメラのネットワーク設定を行ないます。

  • 有線網路
  • 次のIPアドレス設定を行ないます。
  • 1.IPアドレスを自動的に取得する。
  • IPアドレスを自動的に取得します。通常は選択してください。
  • 2.次のIPアドレスを使う
  • IPアドレスを手動で設定します。手動で設定する場合は、IPアドレス、サブネットマスク、デフォルトゲートウェイをそれぞれ設定します。
  • 3.DNSサーバーのアドレスを自動的に取得する。
  • DNSサーバーのIPアドレスを手動で設定します。DNSサーバーを設定する場合は、
    優先DNSサーバーと代替DNSサーバーをそれぞれ設定します。
  • 設定が完了次第、「完了」ボタンをクリックし、設定内容を確定してください。
    なお、「設定」ボタンをクリックせずに別の設定画面に移ると設定内容は反映されません。
  • 高級設置
  • PPPoE接続する場合、ここにユーザー名とパスワードを登録します。

映像

ここではIPカメラの映像設定を行ないます。

  • 映像表示
  • IPカメラの映像が表示されます。
  • 1.映像表示
  • Web設定画面内でカメラ映像を表示します。
  • 2.パトロール設定
  • 巡回ポイントを設定し、カメラを巡回させます。
  • 映像設定
  • カメラの映像設定を行ないます。
  • 1.IPカメラID
  • IPカメラの接続ID番号を表示しています。接続IDは固定のため、
    変更は出来ません。
  • 2.映像表示パスワード
  • IPカメラの接続パスワードを表示しています。初期パスワードは
    IPカメラに付属のID/PASSカードに記載されています。
  • 3.回線速度
  • IPカメラ接続の回線速度を設定します。最大1.5Mbpsまで設定が可能です。
    なお、回線速度を上げると鮮明になりますが、コマ送りは遅くなります。
    逆に下げると、がぞは荒くなりますが、動きは滑らかになります。
  • 4.解像度とフレームレイトの設定
  • カメラの解像度とフレームレイトを設定します。両者とも自動で設定する場合は、
    「自動設定」にチェックを入れてください。手動設定の場合は、解像度とフレーム
    レイトをそれぞれ設定します。
  • 解像度は最大640×480bps、フレームレイトは、最大30fpsまで設定が可能です。
  • 5.優先順位
  • 動きを優先する場合は「動き優先」、画質を優先する場合は「画質優先」を選択してください。
  • 6.明るさ
  • カメラ映像の明るさレベルを設定します。設定レベルは10段階あり、標準はレベル5です。
  • 7.鮮明さ
  • カメラ映像の鮮明さのレベルを設定します。設定レベルは全部で10段階あり、標準はレベル5です。
    レベルが高いほど、映像はクッキリ見えるようになります。
  • 8.暗い場所での光感度
  • 暗い場所での露出(光量の調節)レベルを設定します。
  • 9.暗い場所での光感度
  • IPカメラ映像の表示色を設定します。カラー表示の場合は「カラー」、
    白黒表示の場合は「白黒」を選択してください。
  • 10.ビデオフリップ
  • カメラを逆様に設置する場合、「ビデオフリップ」を選択してください。
    カメラ映像を上下反転して表示します。
  • 11.設置場所
  • IPカメラの設置環境を設定します。当社のカメラは屋内用なので、「屋内映像」を選択します。
  • 12.照明周波数
  • 設置区域が西日本の場合は「60Hz」、東日本の場合は「50」を選択します。
  • 13.音声設定
  • 音声機能を使う場合は「音声有効」を選択してください。
  • 14.日時表示
  • カメラ映像上に日時を表示させたい場合は、「映像に日時を表示する」を選択します。
  • 設定が全て完了したら、「設定」ボタンをクリックし、設定内容を確定してください。
  • 3GPP/RTSP設定
  • ここでは携帯電話回線網である3G回線対応スマートフォンでカメラ映像を
    見るための設定を行います。

  • 1.3GPP/RTSP
  • 3G対応スマートフォンでカメラ映像を見るかどうかを設定します。
    見たい場合は、 「有効 3GPP/RTSP」を選択してください。
  • ※3G対応スマートフォンでのアクセスにはグローバルIPアドレスが必要です。
    ※3G回線接続を有効にしなくてもWi-Fiでカメラ映像を見る事は出来ます。
  • 2.3GPP回線速度
  • 3G回線の速度を設定します。最大256kbpsまで設定が可能です。
  • 3.解像度とフレームレイトの設定
  • ここではカメラの解像度とフレームレイトを設定します。両者とも自動で設定する場合は
    自動設定にチェックを入れてください。手動設定の場合は解像度とフレームレイトをそれぞれ設定します。
    解像度は最大で 320×240bps、フレームレイトは、最大30fpsまで設定が可能です。
  • なお、フレームレイトは1秒間に表示する画像枚数を意味しています。
  • 4.音声設定
  • カメラの音声機能を使うかどうかを設定します。音声機能を使う場合は「音声有効」を選択します。
  • 設定が全て完了しましたら、「設定」のボタンをクリックし、設定内容を確定してください。

スケジュール

ここではカメラのスケジュール設定を行います。

  • E-mailアラーム
  • 1.E-mail/FTPトリガ
  • どんな状態のときにアラーム通知をするかを設定します。
    次の4通りから選択できます。
  • なお、アラーム通知手段は静止画像となります。画像の画質は
    カメラ映像に左右されます。
  • ・動態検知
  • カメラが捉えている視野範囲内で何か物体が動けば
    アラーム通知します。
  • ・DI
  • スイッチのON/OFFなど、何かイベントが発生したときに
    アラーム通知します。
  • ・スケジュール
  • スケジュールの設定通りにアラーム通知します。
  • ・無効
  • アラーム通知機能を無効にします。
  • 2.動作感度
  • 動態検知レベルを設定します。検知レベルは全部で10段階あります。
    標準レベルは5です。
  • 3.送信場所の設定
  • 動態検知をしたときに静止画像の通知先を設定します。
    次の2通りから選択出来ます。
  • ・E-mail送信
  • 携帯電話やパソコンにE-mailでアラーム通知をします。
    携帯に通知したい場合はここにチェックを入れてください。
  • ・FTPサーバーへ送信
  • FTPサーバーにアラーム通知します。長期間のデータを保存する場合に便利です。
    FTPサーバーに通知したい場合は、ここにチェックを入れてください。
  • なお、両者にアラーム通知したい場合は、両方にチェックを入れてください。
  • 4.E-mailアドレス
  • 携帯やパソコンのE-mailアドレスを設定します。
  • 5.SMTPサーバー
  • 電子メールの送信サーバーを設定します。
  • 6.SMTPユーザー名
  • SMTPサーバーへ接続するためのユーザーIDを設定します。
  • 7.SMTPパスワード
  • SMTPサーバーへ接続するためのパスワードを設定します。
  • 8.FTPサーバー
  • FTPプロトコルを使ってファイルの送受信を行うサーバーを設定します。
    このサーバーはネット上にある銀行の貸金庫のようなものです。
  • 9.ユーザー名
  • FTPサーバーへ接続するためのユーザーIDを設定します。
  • 10.パスワード
  • FTPサーバーへ接続するためのパスワードを設定します。
  • 11.リモートフォルダ
  • FTPサーバー内の保存場所を設定します。
  • 設定が全て完了しましたら、「設定」のボタンをクリックし、設定内容を確定してください。
    なお、E-mail通知をする場合、「SMTPテスト」のボタンで事前に通知テストが出来ます。
  • DI/DO設定
  • ここではカメラのDI/DO設定を行います。
  • 1.デジタル入力
  • ここではデジタル入力の設定を行います。デジタル信号を取得する場合は
    「開回路」を選択してください。
  • 2.デジタル出力
  • ここではデジタル出力の設定を行います。デジタル信号を出力する場合は
    「開回路」を選択してください。
  • 3.D/Oアラーム
  • ここではアラーム通知をするための条件を設定します。以下の4通りから選択出来ます。
  • ・動体検知
  • ここではカメラが捉えている視野範囲内で、何か物体が動けばアラーム音を鳴らします。
  • ・D/I
  • ここではスイッチのON/OFFなど、何かイベントが発生したときにアラーム音を鳴らします。
  • ・スケジュール
  • ここではスケジュールの設定通りにアラーム音を鳴らします。
  • 4.D/Oアラーム継続時間
  • ここではアラーム音の継続時間を設定します。
  • 設定が全て完了しましたら、「設定」のボタンをクリックし、設定内容を確定してください。
  • NAS設定
  • ここではネットワークに直接接続して使用する記録用サーバ専用機(NASストレージ)の設定を行ないます。
  • 1.録画モード
  • ここでは録画モードを設定します。録画モードは3通りから選択出来ます。
  • ・常時録画
  • 選択すると常時録画を行ないます。
  • ・スケジュール録画
  • 選択するとスケジュールで指定した録画時間に録画を行ないます。
  • ・録画不可
  • 選択すると録画機能を無効にします。
  • 2.録画の保存を保つ
  • ここでは録画データの保存期間を設定します。
    なお、この設定は録画方法が循環録画の場合のみ有効です。
  • 3.空き容量の設定
  • ここでは録画方法を実行するためのハードディスクの空き容量を設定します。
    録画モードは2通りから選択出来ます。
  • ・循環録画
  • 選択すると、設定した空き容量以下なった場合に、古いファイルから上書きして録画します。
  • ・録画停止
  • 選択すると、設定した空き容量以下なった場合に、録画を停止します。
  • 4.使用NAS名称
  • ここでは使用するNASの名前を設定します。
  • 5.使用NAS IPアドレス
  • ここでは使用するNASのIPアドレスを設定します。
  • 6.NASアクセスカウント
  • ここではNASにアクセスするためのIDを設定します。
  • 7.NASアクセスパスワード
  • ここでは使用するNASのパスワードを設定します。
  • 設定が全て完了しましたら、「設定」のボタンをクリックし、設定内容を確定してください。
  • なお、NASの録画データをダウンロードしたい場合は、「NAS検索」のボタンをクリックすると、
    録画データが確認でき、ダウンロードが出来ます。
  • SD-Card
  • ここではSDカードの録画設定を行ないます。
  • 1.録画
  • ここでは録画モードを設定します。録画モードは以下の3通りから選択できます。
  • ・常時録画
  • ここでは常時録画を行います。16GBのSDカードを使えば、3日半程度の連続録画が可能です。
  • ・スケジュール録画
  • ここではスケジュールで指定した録画時間に録画を行ないます。
  • ・録画不可
  • ここでは録画機能を無効にします。
  • 2.空き容量がいっぱいのとき
  • ここではSDカードの空き容量がなくなったときの録画方法を設定します。
    録画方法は2通りから選択できます。
  • ・循環録画
  • ここでは空き容量がなくなった時、古いファイルから上書きして録画します。
  • ・録画停止
  • ここでは空き容量がなくなった時、録画を停止します。
  • 3.SD-Cardの状態
  • ここではSDカードのセット状況を表示しています。SDカードがカメラにセットされていない場合、
    「SD-Card取り外し」と表示されます。
  • 設定が全て完了しましたら、「設定」のボタンをクリックし、設定内容を確定してください。
  • スケジュール
  • ここではオートサーチ内にあるカメラのスケジュール管理設定を行ないます。
  • 1.スケジュールリスト
  • ここでは登録したスケジュール内容を表示します。登録したスケジュールを変更したい場合は、
    「編集」ボタンをクリックしてください。編集画面で編集が出来ます。削除したい場合は、
    「削除」ボタンをクリックしてください。
  • 2.E-mailアラーム
  • ここではE-mailアラームの実行条件を設定します。次の2通りから選択できます。
  • ・モーショントリガー
  • ここでは何か物体が動いたときにアラーム通知を行ないます。
  • ・D/Iトリガー
  • ここではスイッチがONされたときなど、何かイベントが発生したときにアラーム通知します。
  • なお、この設置はE-mailアラーム設定の際に、アラーム通知条件を「スケジュール」に
    していないと設定はできません。
  • 3.D/Oアラーム
  • ここではD/Oアラームの実行条件を設定します。以下の2通りから選択できます。
  • ・モーショントリガー
  • ここでは何か物体が動いたときにアラーム通知します。
  • ・D/Iトリガー
  • ここではスイッチがONされた時など、何かイベントが発生したときにアラーム通知します。
  • なお、この設置はD/Oアラーム設定の際に、アラーム通知条件を「スケジュール」に
    していないと設定はできません。
  • 4.NAS録画
  • ここではNASに映像を録画するための実行条件を設定します。以下の3通りから選択できます。
  • ・連続録画
  • ここでは連続でカメラ映像を録画し続けます。
  • ・モーショントリガー
  • ここでは何か物体が動いた時に録画を開始します。
  • ・D/Iトリガー
  • ここではスイッチがONされた時など、何かイベントが発生したときに録画を開始します。
  • なお、この設定はNAS録画設定のところで、録画実行条件を「スケジュール」にしていないと
    設定できません。
  • 5.SD-Card録画
  • なお、ここではSDカードに映像を録画するための実行条件を設定します。
    次の3通りから選択できます。
  • 連続録画
  • ここでは連続でカメラ映像を録画します。
  • ・モーショントリガー
  • ここでは何か物体が動いた時に録画を開始します。
  • ・D/Iトリガー
  • ここではスイッチがONされた時など、何かイベントが発生したときに録画を開始します。
  • 6.実行期間の設定
  • ここではアラーム通知や録画を実行する期間を設定します。次の3通りから選択できます。
  • ・毎週
  • ここでは毎週実行する曜日と時間帯を設定します。
  • ・毎日
  • ここでは毎日実行する時間帯を設定します。
  • ・定刻
  • ここでは実行する年月日と時間帯を設定します。
  • 設定が全て完了しましたら、「設定」のボタンをクリックし、設定内容を確定してください。

管理

ここではカメラの管理設定を行います。

  • 管理者設定
  • WEB設定画面にログインするためのIDと
    パスワードを設定します。
  • 1.WEBアクセスポイント
  • 初期設定の80ポートのままでOKです。
  • 2.ユーザー名
  • WEB設定画面にログインするためのIDを設定します。
    初期設定IDは「admin」です。
  • 3.パスワード
  • WEB設定画面にログインするためのパスワードを設定します。
    初期設定パスワードは「空」の状態です。
  • 4.パスワード確認
  • 再確認のために再度パスワードを設定します。
  • 設定が全て完了しましたら、「設定」のボタンをクリックし、設定内容を確定してください。
  • LED制御
  • LEDの表示設定を行います。次の3通りから選択します。
  • ・ノーマル表示
  • 選択するとLED表示されます。
  • ・LED表示OFF
  • 選択するとLED表示はされません。
  • ・ネットワークに接続後、LED表示OFF
  • 選択するとカメラをネットワークに接続した後、LED表示はされません。
  • 設定が全て完了しましたら、「設定」のボタンをクリックし、設定内容を確定してください。
  • 日時
  • インターネットを通じてカメラの日時設定を行います。
  • 1.NTPサーバー
  • 時刻設定に必要な基準時刻を持つサーバーを設定します。既に初期設定済みのため、
    設定の必要はありません。
  • 2.タイムゾーン
  • 時刻を合わせる国を設定します。日本の場合は「(GMT + 09:00) Japan, Korea」を選択してください。
  • 3.サマータイム
  • 夏時間の間で、2か国間の時差を設定します。通常、この設定は無効のままで構いません。
  • 4.現在の時刻
  • カメラに設定された現時刻を表示しています。
  • 5.システム動作時間
  • WEB設定システムの動作時間を表示しています。
  • 設定が全て完了しましたら、「設定」のボタンをクリックし、設定内容を確定してください。
  • アップデート
  • カメラのファームウェアをアップデートできます。
  • 1.アップデートのメリット
  •  a. 最新のシステムで、通信の安全性がより高まります。
  •  b. 最新機能が利用できます。
  • 2.アップデート方法は以下の通りです。
  •  a.まず、ダウンロードコーナーから各製品のファームウェアをダウンロードします。
  •  b. 「Web 設定」 → 「管理」 → 「アップデート」 へ進んでください。
  •  
  •  c. "ファイルからのアップデート″という項目を選び、「参照」ボタンをクリックしてください。
  •  
  •  d. エクスプローラ画面でダウンロードしたファイルを選び、「アップデート」をクリックしてください。
  •  
  •  e. アップデート処理が始まります。
       更新後、カメラが自動的に再起動するので、完了までしばらくお待ちください。
  •  
  • 再起動
  • カメラのシステムを再起動します。再起動したい場合は、「再起動」のボタンをクリックしてください。

このページの先頭へ戻る
簡単IPネットワークカメラ体験Viewla取扱販売店のご紹介ビジネスパートナーメンバーページ