HOME 活用事例動物病院

動物病院での
IPカメラ活用術

飼い主の不安を解消し、
スタッフの負担も軽減!

お悩みごと

スタッフが少ない時の対応に
限界がある。

お悩みごと

入院中のペットの容体が急変した際、
ご家族とのトラブルが発生する。

お悩みごと

預けている間、ペットの様子が
確認できず不安。

お悩みごと

飼えないペットを夜間放置する人がいて
困っている。

お悩みごと

来院対応や患者の呼び出しをする
余裕がない。

カメラ越しに話しかけることができ
ライブ映像をみながら指示が可能!

集音マイクとスピーカーが内蔵されており、カメラ越しに話しかけることができます。獣医師が遠隔地にいたり現場にいない時間でも、カメラのライブ映像を確認しながら適切な対処の指示をすることができます。

カメラの録画映像を
ご家族に理解いただける状況説明の材料に!

入院中のペットの容体が急変した際に、ご家族と治療を巡ってトラブルが発生することも。もし、その時の状況をカメラで録画していれば、ご家族に誤解のない説明をする資料として活用できます。

期間付きでカメラ映像を公開できるから
離れているペットの様子を確認でき安心!

入院しているペットのご家族に期限を設けて映像を公開することで、さまざまな不安を解消させてあげることができます。慣れない場所で不安になっているペットには、カメラ越しにご家族の声を届けて安心させてあげることもできます。

屋外用カメラで病院前を監視することで
場所や時夜間放置の問題を解決!

屋外用カメラとカメラ作動中の張り紙をしたことで、捨て犬の数が減ったという例があります。夜間モード機能で暗闇でもしっかりと録画できるので気になる場所にカメラを設置・録画して、ペットの夜間放置防止に役立てることができます。

センサー感知があるから
少人数経営でも効率のよい対応が可能に!

受付にカメラを置けば、センサー感知で来客を知ることができます。また、患者の呼び出しもカメラのスピーカーを利用するなど、業務の効率化を図ることが可能です。

ビジネスパートナー募集

おかげ様で累計販売台数150000台突破!
簡単!サポート充実!登録無料!貴社も是非ソリッドカメラのパートナーになってみませんか?