HOME 活用事例介護施設

介護施設での
IPカメラ活用術

人手不足解消と、入居者へのサービス向上を図る!

お悩みごと

スタッフが少人数のため、
夜間の巡回などの負担が大きい。

お悩みごと

徘徊される入居者の居場所が
すぐにわからず困る場合がある。

お悩みごと

受付不在時に入退室に気づかず、
トラブルが発生する。

夜間の見回りの代わりにカメラを使用することで
スタッフの負担を軽減!

夜間モードにより、暗い場所でもしっかりと映像を視聴できます。実際、室内カメラを導入したことにより、スタッフの負担が軽減したお声もいただいています。

人感センサーによるプッシュ通知機能により
徘徊される入居者の居場所をすぐに発見!

人感センサー付きカメラを、トイレ前や玄関付近など、出入りの多い場所に設置することで、入居者の異変にすぐに気づけるようになります。また、目立たない外観で入居者のストレスにならない設置が可能です。

カメラの双方向音声機能によって
カメラ越しのやりとりができトラブル軽減に!

カメラ越しでやり取りができるため、スタッフが現場不在でも対応ができます。また、レクリエーションルームにカメラを設置し、入居者のご家族に公開することで、遠隔でのコミュニケーションに活用いただいている使用例もあります。

ビジネスパートナー募集

おかげ様で累計販売台数150000台突破!
簡単!サポート充実!登録無料!貴社も是非ソリッドカメラのパートナーになってみませんか?