HOMEお客様サポートよくあるご質問
お客様サポート

よくあるご質問

P2P(ピーツーピー)とは?集約サーバーを介さない接続法

No.000375

2022.01.31

P2Pとは

P2Pとはネットワークに繋がれたコンピューター同士が、サーバーを介さずに通信する通信方式を指します。英語での正式な表記はPeer to Peer(ピア・ツー・ピア)で、PtoPと略されることもあります。なお、コンピューター同士がサーバーを介して通信する方式はクライアント・サーバー方式といいます。


クライアント・サーバー方式ではクライアントと呼ばれるコンピューターとサーバーと呼ばれるコンピューターが存在し、クライアントからの要求にはサーバーが応答します。ネットワークの概念では、サーバーが上位、クライアントが下位となっており、クライアントからの通信がサーバーに集中します。

これに対し、P2P方式は上位・下位の概念が存在せず、コンピューター同士が対等な通信であるため、通信が特定のコンピューターに集中しません。

P2Pとは

P2Pとは LINEアプリやSkypeアプリ、仮想通貨の根幹でもあるブロックチェーンシステムなどにもP2Pは使われています。

当社の取り扱っているカメラもP2Pを採用しています。

Viewla商品紹介ページ

Viewla商品紹介ページ

P2P普及の背景

ここ数年、1人1台の所有が当たり前になったスマートフォンに加え、家電などもインターネットに繋がることが増えてきました。
インターネット上に多くのコンピューターが存在する現代において、クライアント・サーバー方式を採用していると多くの通信がサーバーに集中してしまい、サーバー負荷が膨大になってしまうおそれがあります。
そのため、通信が集中しないP2Pを採用することが増えています。

P2Pのメリット・デメリット

メリット
●通信するコンピューターが増えても特定の機器に負荷が集中しない
クライアント・サーバー方式では、通信するコンピューターが増えれば増えるほどサーバー、及び、サーバーが繋がるネットワーク回線の負荷が高まります。P2P通信はサーバーを介さないため、クライアント・サーバー方式に比べ、通信が安定しやすくなっています。

●障害への耐性(影響の度合い)
P2Pはコンピューター同士が個別に通信を確立するため、特定の機器に障害が発生しても、全体への影響はありません。クライアント・サーバー方式ではサーバーの障害によって全体への影響が発生します。

P2Pのメリット・デメリット

P2Pのメリット・デメリット ●情報漏洩も強い
P2Pはサーバーを介さないため、サーバー攻撃による情報漏洩の心配がありません。

●匿名性が高い
P2Pではデータがコンピューター上に分散しているため、通信の特定が困難です。

●安価にシステム構築が行える
高価なサーバーを用意する必要がないため、安価にシステム構築できます。

 

デメリット
P2Pのメリット・デメリット ●安全な接続先の確認が重要
P2Pはコンピューター同士で通信するため、悪意のある第三者に繋がってしまった場合、直接危険に晒されます。そのため、信頼できない通信先とは接続しないようにする必要があります。

●パスワード管理が重要
第三者にパスワードを知られた場合、情報が漏洩する危険性があります。そのため、ユーザーはパスワードを安易に他人に教えない、定期的に変更する等、管理を十分に行う必要があります。

P2Pカメラ活用のヒント

P2Pはファイル共有ソフトで使われたことから、かつて日本ではマイナスイメージを持たれることもありました。しかし、正しく使用すれば安心安全に利用できる技術であることが再認識され、今では多くのIT機器やサービスで活用されています。

IPカメラにおいても大変有用な通信技術であり、その特性からIPカメラのコストパフォーマンスの向上に貢献しています。

P2Pカメラを安心安全に使用するために、正しいITリテラシーを持つことを心がけましょう。