HOMEお客様サポートよくあるご質問
お客様サポート

よくあるご質問

ニューノーマル時代の働き方~IPカメラを使った新たな生活様式~

No.000387

2021.04.01

ニューノーマルとは

ニューノーマルとは

「ニューノーマル」というワードがここ数年で多く見られるようになってきました。この語句自体は一部の経済学者たちによって新型コロナウイルスが発生する以前から使われていましたが、その意味は経済的なものにとどまっていました。
しかし現在では、新たな生活様式や常識を指す言葉として、広く使用されています。新型コロナウイルスの感染拡大前後で大きく社会が変容したことから、徐々にニューノーマルという語句が一般に浸透してきました。 このコラムでは「IPカメラ」をキーワードに、企業はニューノーマルへどう対応していくべきなのかを紹介していきます。


近年のニューノーマル事情…ここ数年でどのような変化が起きたか

近年のニューノーマル事情

昨今、新型コロナウイルスの広がりによって社会に様々な変化が起こっています。感染症の拡散防止には3つの密を避けることが重要とされ、密閉空間、密集場所、密接場面を作り出さないように様々な場所で対策が行われています。
それに伴い、ビジネスも対面からオンラインにシフトし始めています。テレワーク環境の整備など非接触型のビジネスモデルに移行し、少ないコストで高い利益を生み出すことが今後の社会には求められています。



ニューノーマルに対応する必要性

ニューノーマルへの対応の必要性

新型コロナウイルスの感染拡大によって広がったニューノーマルへの動きですが、感染が終息した後も続いていくと言われています。社会が徐々にニューノーマルに変わっていくなかで、それまで以前のビジネス体制のままでいると様々な弊害が発生していきます。

主に以下のような弊害があります。

企業価値の低下
社会に即した企業体制を取り入れなければ企業の信用が下がり、人材の流出や人手不足などの問題を引き起こしてしまいます。

ビジネスチャンスの喪失
社会変革のタイミングには新たなビジネスチャンスが転がっていることもあり、対応しなければそのチャンスをみすみす見逃してしまうこととなります。

働き方の画一化
働き方の柔軟性が低い環境の場合、不測の事態に対応できない可能性があります。テレワークを導入している企業は、自室やサテライトオフィスなどで働くことができますが、働き方が固定されている企業の場合は、大規模な災害やパンデミックなどが起きた際に多くの損失を生んでしまう恐れがあります。

ニューノーマルへの対応のメリット
ニューノーマル対応のメリット

ニューノーマルに対応した環境を整えることで次のようなメリットがあります。

●信頼性の向上
柔軟性の高い企業であればあるほど、課題解決力が高いという評価を受けるため、信頼性が向上します。

●コスト削減
オンライン環境を整備することで場所に縛られることなく業務を行うことができ、それまで発生していた移動コストを抑えることができます。また、業務によってはオンライン環境の整備によって人員コストを抑えられることもあります。

●感染症対策
感染症が流行する原因の一つとして、人から人への感染がありますが、オンライン化によって出社しなくとも業務が行える環境にある場合は、人と人との接触頻度が減り、感染の拡大を防止できます。

ペーパーレス ●業務の円滑化
オンライン化が進むと必然的にペーパーレス化が進みます。ペーパーレスでデータ管理を行っていると検索、確認などがスムーズに行えます。また、印刷コストも抑えられます。


デメリットと難しさ

ニューノーマルに対応すれば多くのメリットが見込める反面、対応の難しさやデメリットなどもあります。

●導入費用の発生
テレワークを行うためのネットワーク環境の整備や、デバイスの導入などを行う際には導入費用が発生します。長期的な視野で考えれば利益になることであっても、すぐに費用を捻出できないといった問題があります。

● 新しい働き方への対応
新たなシステムの導入を行うと、慣れるまでにいくらか時間がかかります。使いこなしてしまえば便利なシステムも、最初のうちは戸惑ってしまうかもしれません。

ソーラー充電式カメラのデメリット ● さらなるセキュリティ強化
社外での業務は会社の目が十分に行き届かないこともあり、セキュリティのリスクが高まります。情報漏洩やウイルスへの対策はもちろんのこと、社員一人一人のリテラシーも高める必要があります。


ニューノーマルに対応する方法

どのように変わっていく?

ニューノーマルへの対応という変革を突然迫られて、すぐに対応できる企業はそう多くはないと思われますが、進みが遅かれ早かれ対応できない企業は淘汰されるさだめにあります。
しかし、社会的に大きな変革が起きている場合は国が助成金などの補助を行うこともあり、タイミングを見計らえば適切な対応が行えることも事実です。
いずれ対応しなければならないのであれば、早々に対応をしてしまう方が損失は少なく、利益を得られます。目の前のデメリットに気を取られ、長期的な利益を逃してしまわないように、一度じっくり考えてみることで変化への第一歩を踏み出せるかもしれません。


IPカメラの活用法

ニューノーマルな時代に活躍するIPカメラ

IPカメラはニューノーマルな時代に求められるオンライン環境の整備に活用できます。ニューノーマルな時代のキーワードになるのは「非接触」や「自動化」といったような語句ですが、IPカメラを活用することで管理、監査、抑止、見守りを行えるため、非接触や自動化の実現ができ、作業時間の短縮や業務の効率化などに繋げられます。


ニューノーマルにおける活用例

ニューノーマルにおける活用例 活用例1

  テレワークの場合  IPカメラで離れた社員の様子を共有 

サテライトオフィスやワーキングスペースにカメラを設置することで、スペースの空き情報や従業員の業務態勢、進捗状況を確認できます。ただし、従業員への過度な監視はプライバシーの侵害や、業務のモチベーションを下げてしまうことなどにもつながるので注意が必要です。
上記の注意点を踏まえ、従業員の安全面に気を付けながらIPカメラを使用することで、効率的な業務の手助けになります。


活用例1

  店舗の場合  IPカメラで店舗の状況を遠隔監視 

各店舗の様子を一括監視できるので、遠隔からでも的確な指示を出すことが可能です。そのため、少数人員で業務をカバーできます。
また、カメラ映像を研修に使用することで研修にかかる人員や時間的コストを抑えられます。

まとめ

「ニューノーマル」が広がっていく中で転換タイミングを見極め、適切に対応していくことが今後の社会に求められています。対応の一環として、IPカメラを活用してみてはいかがでしょうか。
カメラに関してご不明な点やご質問がある場合はお気軽にお問い合わせください。