ライブカメラの
活用術

Viewla で You Tubeライブ配信中(大阪:心斎橋)
※クリックするとストップします

ライブカメラで
リアルタイム映像を配信

ライブカメラは離れた場所の状況をリアルタイムで見ることができるため、様々な場所で設置され情報発信が可能になりました。視聴者は場所を問わずパソコン、スマートフォン、タブレットなどのデバイスでライブ配信をみることができ、イベント配信だけでなく、天候の変化といった身近な危機管理にも役立っています。

ライブカメラの4つのメリット

①リアルタイム情報の提供

ライブカメラは、リアルタイムで映像を提供することができるため、遠隔地からでもその場所の現状を確認することが可能となります。これは、セキュリティ監視、交通状況の確認、イベントのライブストリーミングなど、様々な用途で活用されています。

②広範囲な視聴者へのアクセス

ライブカメラを使用することで、地理的な制約や視聴アプリの制限を超えて、世界中の視聴者に映像を届けることが可能になります。会場の人数を問わずイベントの視聴者数を大幅に増やすことができ、より多くの人にイベントの影響力を拡大することができます。

③コスト効率の向上

ライブカメラは、物理的な移動や人員配置を必要としないため、コスト効率が高いです。例えば、セキュリティ監視の場合、ライブカメラを設置することで、24時間体制の人員配置を必要とせず、人件費の削減につながります。トラブルがあった際も映像が残るため証拠としても利用できます。

④災害対策の強化

ライブカメラは、災害時の状況把握や情報共有にも役立ちます。地震や洪水などの自然災害時に、ライブカメラを通じて現地の状況をリアルタイムで把握することで、迅速かつ適切な対応を行うことが可能となります。

これらのメリットを活用して、課題解決が可能になります。

店の混雑状況や天候による渋滞などをライブ配信したい

店の混雑状況をお知らせしたい

商店街や商業施設、道の駅などの混雑状況は、訪れるお客様にとって重要な情報です。ライブカメラを設置することで、その場所の現状をリアルタイムで視覚化し、お客様に混雑状況をお知らせすることが可能です。これにより、お客様は人が多そうな時間帯を避けて予定の計画を立てることができ、混雑の緩和につながります。また、混雑が少ない時間帯をお知らせすることで、お客様の満足度を向上させることができます。

【LIVE】F.S.T.NET提供
大阪 ライブカメラ コリアタウン 御幸通り商店街

道路の渋滞情報を届けたい

道路の渋滞情報は、ドライバーにとって重要な情報です。ライブカメラを設置することで、道路の現状をリアルタイムで視覚化し、ドライバーに渋滞情報を提供することが可能となります。これにより、ドライバーはルートを計画し、渋滞を避けることが可能となります。また、事故や工事、積雪などによる交通規制の情報もリアルタイムで提供することができます。

交通状況 ライブカメラ 配信

想定活用シーン

  • 交通状況の監視:渋滞や事故などのリアルタイムの交通状況を把握する。
  • 気象情報の提供:雪や雨など、天候による道路状況を確認する。
  • 災害時の状況把握:地震や洪水など、自然災害発生時の道路の状態を確認する。
  • 道路工事の進捗確認:工事区間の状況や進捗を監視する。
  • 公共交通の管理:バスやタクシーなどの公共交通機関の運行状況を確認する。
  • 市民への情報提供:ドライバーや歩行者が出発前に道路状況を確認し、安全な移動計画を立てる。

イベントのライブストリーミング配信をしたい

ライブ映像 配信

コンサートやスポーツイベントなど、大規模なイベントでは、ライブカメラを使用してリアルタイムで映像を配信することが一般的です。地理的な制約を超えて、世界中の視聴者にイベントを届けることが可能になります。会場に来られない人々も、自宅や移動中でもイベントを楽しむことができます。

大規模なイベントだけでなく、YouTubeのライブ配信を含む個人チャンネルの配信も広範囲にわたって活用されています。この傾向は、新型コロナウイルスの影響を受けてさらに一般化しました。コメントや投げ銭機能など、視聴者が参加する配信では配信側と視聴者とのコミュニケーションを楽しむことができます。

死角監視

観光客に見ごろを迎えた絶景を見に来て欲しい

観光地 ライブカメラ 配信

観光地の魅力を伝えるためには、その場所の美しさや特色をリアルタイムで伝えることが重要です。ライブカメラはリアルタイムで天候や季節、時間帯による風景の変化を配信し、訪れるタイミングを計画する手助けとなります。日本は桜、新緑、紅葉、雪といった四季折々の景観の変化が楽しめるため、絶景のタイミングを配信できるライブカメラは非常に有効なツールとなります。

高知県吾川郡仁淀川町

観光カメラ

絶景を離れた場所からたくさんの人へ
観光地の様子をYouTube配信でお届け
※3月~4月末までの桜の季節に期間限定配信

高知県吾川郡仁淀川町

実際の導入事例を見る  

静止画を定期的にサイトにアップしたいなら定期画像送信機能もおすすめ

山は天候も変わりやすいため、リアルタイムの情報発信に最適です。ライブカメラを設置すれば今現在の天候を配信することができます。ウェブサイトに静止画を送って定期的にアップロードする仕組みを作ることもできます。10分おきなどの設定も可能なため、静止画でも十分魅力を伝えることができます。

天候・天気 ライブカメラ 配信

ライブカメラにおすすめのカメラ

モバイル通信SIMカメラ Viewla IPC-16LTEp

  • 回線工事不要!電源接続とSIM挿入で使用可能
  • 動体検知機能搭載
  • 定期画像送信機能搭載
  • WindowsPC・スマートフォン・iPad・タブレットで視聴可能
  • SIMフリー(au or docomo系)
  • 製品ページへ
Secula IPC-16LTEp

4MP 低照度カラー高機能チューブ Secula SCL-04TE01

  • 駐車場などの屋外に最適なチューブカメラ
  • 強力赤外線で夜間も遠くまで見える
  • 電動バリフォーカル対応
  • 製品ページへ
Secula SCL-04TE02

防犯カメラの導入に補助金・助成金が使えます

都道府県や市区町村などの自治体には、防犯目的でカメラを設置する際に補助金・助成金の制度を施行しているところもあります。防犯カメラの導入を検討する際には一度確認してみるとよいでしょう。